高く麗しきその城で ~アウトレイプ~ (1)



BJ134853_img_main



BJ134853_img_smp1



高麗城真冬(こましろ まふゆ)は日本の財界を束ねる高麗城一族の末弟だ。
長年実家との連絡を断っていたが
父親の誕生日に合わせ実家である高麗城屋敷に恋人の一葉桜(いちよう さくら)と共に帰郷することになる。
その理由は桜との婚約を父親に報告し、高麗城一族との忌々しい縁を断ち切るためだった。
高麗城屋敷の敷地の巨大さに圧倒された桜は逃げ帰ろうとするが
真冬になだめられ高麗城屋敷の面々に迎え入れられる。
まず高麗城家三女の斑(まだら)に不細工なこぶたと手厚い歓迎を受けてしまう桜。
次男なのに妙に偉そうな幹久(みきひさ)、双子で長女の霞(かすみ)と三男の圭吾(けいご)に
次女の紅葉(もみじ)といった一癖ありそうな高麗城一族と顔を合わせた後、
奴隷の男たちの上に座り従女に性器を握らせながら現れた高麗城家当主で政財界の黒幕、源五郎(げんごろう)と対面する。
早速真冬は桜と付き合いがあり本日はお願いがあって来たと話しかけるが、
祝賀会を仕切っていたメイドが行方不明なため願いは明日まで秘めよと伝える源五郎。
コンシェルジュの羽柴栄六(はしばえいろく)に通され客間で休むことになる真冬と桜だったが、
桜は一気に緊張の糸がほぐれたのか他人の家にもかかわらずいきなり真冬を激しく求めてしまう!

全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓