リアルよりエロすぎる♡同人館♡

リアルより漫画ってめっちゃエロすぎる。リアルでは出来ないこともやりたい放題♡♡

    カテゴリ:作家別カテゴリー > 天道まさえ

    美女と淫獣


    BJ047522_img_main
    BJ047522_img_smp1
    BJ047522_img_smp2
    BJ047522_img_smp3


    粗暴なオークに貞操を捧げる姫、
    巨大蛇の怪物に犯される少女退魔師、
    学園に監禁され幽霊に輪姦される女子学生、
    ヌメる触手で穢される美少女たち――

    化け物姦づくしのおぞましき物語

    <収録作品>
    『学園の怪談 閉じ込められた夜』
    『大蛇の狂宴』
    『親指姫~種付けの花~』
    『うわさの痴漢電車』
    『淫豚達の侵略』
    『プライベート触手ビーチ』
    『封鎖教室』
    『醜いはじまり』
    『気持ちと感覚』
    『調教の記憶』


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    悦びの旋律


    BJ007855_img_main
    BJ007855_img_smp1
    BJ007855_img_smp2
    BJ007855_img_smp3


    催眠によって男を欲する姫、純真な少年たちに汚されるシスター——
    操られ、触手に弄ばれる、堕ちゆく戦うヒロインたち!

    二次元ドリームマガジンや闘神艶戯で展開された戦うヒロイン陵辱劇を一冊に収録!

    <収録作品>
    『戻らない権威』
    催眠にかけられた気丈な姫は、パーティー会場で衆人環視の中、男を貪ってしまう——。

    『いつもの学園生活』
    ツンデレ少女エンジュは一人でいるところを敵に狙われ、スパッツ内を機械触手に這い回られ、おもらししてしまう!

    『悲しいロザリオ』
    悪魔にたぶらかされたショタ少年たちに襲われるシスター。抗えぬままペニスを咥えさせられ……。

    『生徒会長前哨戦?』
    エッチな妄想が具現化してしまい、触手怪獣に制服に押し込められた巨乳を揉みしだかれ、膣とアナルも拡張されてしまう——。

    『堕落プリンセス』
    清楚で優しいお姫様が、捕虜となったモンスターに快楽調教を仕込まれる!

    『トランスフェイス』
    セーラー服姿の真面目な生徒会長が不良たちに脅迫され、フェラ奉仕、ぶっかけの後、輪姦中だしされてしまう!

    『新・呪い屋零 淫具の縛め』
    退魔に失敗した「呪い屋」は、街中でSM拘束で痴態を露出され、乳首挟み、浣腸責めを受ける——。

    『地底陵辱』
    戦うウェイトレスあきらは地底人に捕まり目隠し拘束される。怪物の子を産むべく、孕むまで犯されてしまう!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    発情期なアダム


    BJ006516_img_main
    BJ006516_img_smp1
    BJ006516_img_smp2
    BJ006516_img_smp3


    『いつもの学園生活』by 天道まさえ
    水泳の授業でスクール水着を着せられそうになるツンデレ天使・エンジュ。
    ショタ悪魔のルシアと睦月の態度に腹を立てた彼女は
    一人屋上へ行くが、そこでバネイリに襲われてしまう。
    機械触手による強制フェラ、スパッツ越しにバイブ責めを受けてのおもらし放尿、
    小さい機械の触手にはブラジャー越しの胸を念入りに揉み込まれ、
    制服姿のまま続く陵辱がもたらす快楽に、エンジュは次第に抗えなくなる——。

    『天使の誘惑』by ウメ吉
    出張から帰たばかりで、疲れたミカにマッサージを頼まれた睦月。
    お尻から胸をほぐし、そして“男”の気分が高まり、いつしかエッチな展開に!?
    フェラチオ、パイズリにはじまり、最後は正常位で全身を優しくマッサージ。
    特別マッサージで、全身の疲労も欲求不満も一気に解消!?

    『ELECTRIC LOVE』空木次葉
    睦月を監視する『FeTUS』からの使者、マキナ。彼の自宅で手料理を
    振る舞われる彼女は、お返しとして少年にご奉仕プレイを始めるのだった。
    制服の胸元をはだけての巨乳パイズリ+フェラ。さらに少年に責められながらの
    潮吹き&おねだりと、発情した睦月にバックから突かれながら
    二人は中出し絶頂を迎えることに…。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    敗北の退魔師機械凌辱【単話】


    BJ086427_img_main
    BJ086427_img_smp1
    BJ086427_img_smp2


    学園にはびこる妖魔を討つ少女退魔師・凛は
    不意を突かれて捕まり、拘束椅子に固定されてしまう。
    猿轡を嵌められてうめくことしかできない少女は
    卵形のローターに乳首を挟まれて微振動でじわじわと官能の炎を灯され
    ショーツ越しの陰部をハンドマッサージ機でこねくり回される。
    次々にもたらされる快感にも気丈な抵抗を続ける勝ち気退魔師だったが
    二本のバイブで容赦なく前後の穴をかき回され、
    次第に理性を保てなくなってゆくのだった。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    土下座魔法少女かのん【単話】


    BJ081011_img_main
    BJ081011_img_smp1
    BJ081011_img_smp2


    勝ち気な魔法少女かのんは、
    敵が使う操りの魔法によって身体の自由を奪われてしまう。
    憎き魔物たちが見守る中でオナニーをさせられ
    自分の意思とは無関係に絶頂に達せられてしまう勝ち気少女。
    触手に身体を這い回られ、放尿鑑賞をされても屈しないかのんだったが
    ボロボロにされた使い魔ミアの姿を見せられて恐怖に抗えなくなり、
    地面に頭をこすり付けて、自ら陵辱を懇願するのだった!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    孕ませ射精拷問【単話】


    BJ070730_img_main
    BJ070730_img_smp1
    BJ070730_img_smp2


    月一族の凄腕のくノ一は、片思いする頭目を
    餌にした敵の罠に捕らわれてしまう。
    どんな拷問にも耐えられる自信を持っていた女忍だったが、
    排卵日を探り当てる触手蟲によってピンポイントに危険日を暴かれ、
    いつの日か親愛の頭目の子を産みたいという願いもむなしく
    敵対する敵忍者たちに子宮奥へと大量の精液を流し込まれてしまうのだった!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    氷の世界【単話】


    BJ064136_img_main
    BJ064136_img_smp1
    BJ064136_img_smp2


    賞金稼ぎの女戦士レオナは、
    氷使いの人狼フェンリルを次なるターゲットにするが
    圧倒的な力量差の前に敗れてしまう。
    手脚を凍結され四つん這いの体勢で動けなくなった女戦士は
    凍傷がじわじわと進み、ジンジンと疼く患部を解放する条件で
    フェンリルの肉根にフェラチオ奉仕をすることに。
    おぞましい精液を顔面で受けるとそこからも氷結化が進むことに戸惑うレオナをよそに
    人狼は女戦士の胎内からの氷化を狙って膣奥へと挿入してくるのだった!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    悲しい洞窟【単話】


    BJ032366_img_main
    BJ032366_img_smp1
    BJ032366_img_smp2


    荒波逆巻く岸壁に縛められた、生贄の少女。
    獲物を喰らおうと寄ってきた異形の前で、
    少女は容易く拘束を払い除けるその正体は、
    無力な生贄ではなく、怪物を狩る生贄代行ハンターだったのだ!
    特別製の旧式拳銃が火を吹き、異形は消滅した。
    次の獲物に向かうハンターだったが、
    不意を突かれて体の自由を奪われてしまう。
    身体を這い回る触手に精気を奪われ、
    快楽に屈したハンターの瞳から、光が失われる……。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    エンドレスミッション【単話】


    BJ041413_img_main
    BJ041413_img_smp1
    BJ041413_img_smp2


    人身売買、人体改造をしていると噂される組織に忍び込んだヒロインは、
    トラップにかかり、猿轡をされて拘束台に縛り付けられてしまう。
    全身が敏感になる薬をライダースーツ越しにクリトリスに打たれ、
    衆人環視の中で全身をまさぐられながらバイブを押し付けられる女スパイ。
    何時間もひたすらに愛撫されて何度も絶頂させられた後、
    双頭バイブで膣とアナルを同時に犯されながらフェラチオ奉仕を強要される。
    男たちに輪姦され、ぶっかけられながら、巨乳でのパイズリ奉仕もさせられて
    強気なスパイの意識が白濁に汚されてゆく――!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    このページのトップヘ