リアルよりエロすぎる♡同人館♡

リアルより漫画ってめっちゃエロすぎる。リアルでは出来ないこともやりたい放題♡♡

    タグ:処女

    妖狐淫紋奇譚 第2話


    BJ204760_img_main


    BJ204760_img_smp2


    BJ204760_img_smp1



    人里離れた山麓に住む一人の巫女・柊。
    感情を表に出さない少女を見つけた妖狐は
    退屈しのぎにその心を折ろうと、
    信仰する山神の御使いを騙り柊へ近づき淫紋を刻む。
    しかし強靭な精神力で乱れることを耐え忍ぶ。
    その精神力に感心しつつも少女をさらに追い詰める為、
    妖狐は儀式という名の快楽地獄に巫女を誘い込む――。

    淫紋で火照り切った身体へまとわりつく触手に
    純潔を奪われ、妖気の淫熱に狂わされる少女。
    初めて味わう絶頂の快感に巫女の信心も狂わされる!!

    妖狐の淫紋術に翻弄される少女たち!
    妖怪狩りから巫女までも与えられる快楽にイキ狂う!
    彼女たちを待ち受ける運命とは――?

    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    妖狐淫紋奇譚 第1話


    BJ204759_img_main


    BJ204759_img_smp2


    BJ204759_img_smp1



    商館からの帰りに妖怪狩りの少女に襲われる妖狐。
    しかし幼い見た目と侮っていたのか、
    あっさりと簡単に倒せたことに落胆してしまう。
    そのまま腐食の能力を持つ妖気で殺そうとするが、
    少女の妖気を吸収する能力で相殺される。
    その能力に妖狐はあることを思いつく――。

    淫紋を刻まれ、妖狐の出した妖魔に犯される少女。
    全身を駆け巡る淫紋の熱とぐちゅぐちゅと子宮を抉る
    触手による容赦ない責めによって強制絶頂を繰り返す!

    妖狐の淫紋術に翻弄される少女たち!
    妖怪狩りから巫女までも与えられる快楽にイキ狂う!
    彼女たちを待ち受ける運命とは――?

    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    ちっちゃいトコ・スキ!


    BJ097454_img_main


    BJ097454_img_smp1


    BJ097454_img_smp2


    BJ097454_img_smp3



    穴フリークの皆様お待たせ致しました!
    穴という穴にどんどん突っ込み弄くりまくる一冊が出来ました!
    激しい責めに恍惚となる美少女達が満載のおおたたけし初作品集!!

    収録作品:
    「にゅるにゅるらぶりん」
    「いっぱい、絶対! おまじない!」
    「まりかのぷにぷに新体操」
    「すーぱ? ぴんちー! お嬢様!」
    「ちっちゃくたって、ガンバルもん!」
    「ゆーかのげっとだ! おにーちゃんポイント!」
    「イっちゃえ! ゆきなちゃん」



    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    森ノ中【単話】


    BJ069645_img_main



    BJ069645_img_smp1



    森へ山菜取りにやってきたエルフの少女。
    一仕事終えた彼女が木陰で用を足していると、不意に現れたゴブリンたちに見つかってしまう。
    逃げようとするも服を引き裂かれ、細長い舌で口内や膣内を嬲り回されてしまう少女エルフ。
    処女を奪われ、悲鳴とともに輪姦され、身体中の穴に精液を注がれてしまう。
    だが突如、何かを察知したようにゴブリンたちは逃げ去って行き、呆然としたままの少女が取り残されるが、
    そこに少女の数倍はある巨大なオークが現れ――。

    粗野なモンスターによる慈悲なき輪姦、そして矮躯を鷲掴みにされ肉オナホのように極太ペニスを突き込まれるファンタジーハード陵辱!


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    寄生樹【単話】


    BJ150733_img_main


    BJ150733_img_smp1


    BJ150733_img_smp2


    BJ150733_img_smp3



    蠢く触手が少女の体内へと寄生し苗床へと作り変える――新連載スタート! 商品となる媚薬を生成させるために人、エルフ、獣っ娘など様々な種族の処女と共に森奥深くへと訪れた男たち。そこで寄生樹の放つ催眠効果のあるフェロモンに引き寄せられた少女たちは、朝から晩まで無数の触手に犯され性感を開発されていく。何度目かの絶頂を迎え、子宮内に種子が根付いた彼女たちは――。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    竜娘堕淫【単話】


    BJ069646_img_main



    BJ069646_img_smp1



    人間に捕まり売り飛ばされた竜人族の少女、雪花。
    亜人収集家の男に購入された彼女だが、竜人のプライドから男へと反抗する。
    そんな雪花を調教すべく、男は少女の矮躯を媚薬効果のある影の鎖で吊るし上げ、
    淫毒が沁みて愛液を垂れ流す未開発の女性器を責める。
    処女を奪われ膣奥に精液を吐き出されても、
    つがいと認めた男にしか子宮は開かないと嘯く雪花。
    だが淫呪の重ね掛けによって極限まで発情させられ、
    肉欲で濁った思考でペニスを求め始める雪花は、最後の理性で矜持を取り戻すも、
    その肉体は男の子供を孕めるように成熟した大人の身体へと急成長してしまい……。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    狗鳴 前編【単話】


    BJ069643_img_main



    BJ069643_img_smp1



    山賊のアジトへ攫われてきた奴隷獣人の姉妹セリアとスー。
    妹だけでも解放して欲しいというセリアに、
    山賊頭は彼女が犯されて時間内に絶頂しなければ勝ち、
    絶頂したら姉妹揃って山賊の奴隷になるという勝負を持ちかける。
    下卑た男たちの視線とヤジを浴びつつ、自ら股を開き挿入をねだるセリア。
    山賊頭のペニスで処女を散らされ、精液を吐き出されて気をやりつつも
    「イってはいない」と妹のために否定する。
    だが彼女は膣内に媚薬を注がれ、燃えるような激感に苛まれた身体を再び犯されると、
    発狂寸前の快楽に怯えついに絶頂を認めてしまう。
    それでもなお犯され続け、助かるために「妹なんてどうなってもいいから」とまで叫ぶが、
    激しいピストンによって無様なアヘ顔を晒してイかされてしまうのだった……。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓




    こいのおまじない【単話】


    BJ110321_img_main


    BJ110321_img_smp1


    BJ110321_img_smp2



    女生徒会長の館山美咲は、生徒がたて続けに学校を休んでいる原因について、
    後輩の七海と共に調査に乗り出す。
    しかし、聞き込みの途中、生徒会長は後輩が呼び出した触手型の怪物に捕らえられてしまう。
    七海は大好きな先輩を独り占めにしようと、大量の触手を使い美咲の秘部を愛撫する。
    生徒を人質に取られた生徒会長は抵抗もできず、歪んだ愛の快楽責めを必死で耐える。
    その姿を前に、七海は一晩中触手漬けにして放置する手段を思いつき……。


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    トラックの荷台で揺れすぎエッチ!? ~引越し中にズプッと奥まで1


    BJ102397_img_main



    BJ102397_img_smp1



    BJ102397_img_smp2



    「振動が伝わって…奥まで響いちゃってるぅ……」
    閉じ込められたトラックの荷台で、挿入開始!!

    ――隣に引越してきた幼馴染・茉莉と久しぶりの再会。
    手伝いのあと、時間を忘れてトラックの荷台で話していると……ガチャン!!
    二人を乗せたまま動き出すトラック…やがて揺れる車内でもつれるように倒れ込む二人。
    「そんなとこ触っちゃダメぇ…」
    大きく育った胸の先端はぷっくりと勃起。そして身体は熱を帯び、やがてアソコもトロけていく!
    「頭がぼーっとして…キュンキュンしちゃう……」
    暑さで朦朧とする密閉空間で、本能のままにお互いを求めあう――


    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    贄【単話】


    BJ113843_img_main


    BJ113843_img_smp1


    BJ113843_img_smp2



    生徒会長の陽子は、親友那津子の実家でもある寺を訪問するが、
    そこで無数の触手が生えた化け物に捕らわれてしまう。
    親友は化け物を触蟲様とのたまい、陽子を陵辱する。
    生徒会長は触蟲の贄として利用された事実を知り、
    抵抗も空しく極太の触手を処女穴に突き立てられ、悲鳴を上げた。
    さらには那津子も加わり、二人まとめて触手に膣とアナルを犯され、
    陽子は抗いようのない快楽に堕ちていくのであった……。



    全部見たい方はこちらからどうぞ↓↓



    このページのトップヘ